読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

合格、そして伝説へ……

まあわが家では伝説扱いみたいになったわけですが、次の日が発表でした。この日はお母さんは仕事に行っていて、お父さんが休みを取ってくれました。ふうこちゃんが朝早くから来ていて「やっとビール飲めるわ」と言ってお父さんと乾杯してました。お昼過ぎの発表を待ってても仕方ないので3人でドラクエです。4カ月我慢してきたドラクエ。でもみんな気もそぞろで、なんかグレンの酒場の前で寝転がってだべってました。

ドラクエの写真はたくさん残してるんだけど、見たらキャラがばれてしまうので貼れません(゜_゜)

そして発表の時間が来て、PCに向かいます。

番号が

ありました!

もう大騒ぎというかお父さんが片っ端から電話とかLINE、お母さん、学校の先生、お医者さん、おじいちゃんおばあちゃん。泣きながら話してて、ちょっともらい泣きした。ふうちゃんはテレビに向かって何やってるのかと思えばまわりにチャットで「ここのランカちゃん、受験大成功です!」とかやってて私が祝福されていますwwwww

お祝いと言えば寿司、というと安直な気もしますがお父さんが友達の店に出前を頼んで、晩から祝勝会です。お母さんが帰って来て、玄関に出てきた私を抱きしめました。やっぱり泣いてました。ふうこちゃんの手を取って何度もありがとうって言ってて、「いや、私なにもしてないし」ってきょどってたのが面白かったです。

その晩、えんえん飲んでる両親とふうこちゃんを尻目に自分の部屋に上がってハルタ読んでたら「ヒナまつり」、アンズちゃんが学校へ行ってみる回でした。

 いや、アンズちゃんが「学校で勉強したことって仕事で役立ちそうにない」って悟る回なんですけどねw

寝転びながら天井を眺めて、本当に受かったんだなあ、とやっていけるのかなあ、とずっと考えていました。そして知らないうちに寝ていました。

朝はかなりの寝坊で、昼近くだったと思います。下に降りたらお父さんもお母さんも仕事に行ったのか、誰もいなくてリビングに朝食と、プレゼントの箱が置いてありました。アイマスのカードに「合格のお祝いです。学校は私服らしいけど。ふうこ」って書いてあって、包みを解いたらUSJの紙袋が入っていて、見たことのある制服と杖が入っていました!合格も決まってなかったのに用意してくれてたんだなと考えると感無量です(´;ω;`)

こうして私のちょっと変わった受験は幕を閉じたのですが、私に伝えたいことにまとまりがなくてごめんなさい。

私の不登校というのは私の失敗が原因で、世の中にはいじめだとか家庭環境なんかで学校に行けない人たちがたくさんいると思います。だからそういう方にはちょっとアドバイスなんておこがましいことは出来ません。

でも私みたいに引きこもってる人がいたとしたら、ネットでもなんでも人との接点だけはなんとか持ってた方が良いと思います。めぐり合わせもチャンスも、そして自分が変わろうという気力も起こってくるかもしれない。だから、引きこもりの方のご両親、たとえばパソコンやゲーム機を子供から取り上げないで欲しいのです。

私は本当に本当に運が良かっただけかもしれないけれど。

そして、生活をちゃんとするということは大事なことです。片付け、掃除、料理、洗濯などなど。リズムを作って、何か作業をしてれば生きる気力をかろうじて失わずに済みます。私の場合はそれにドラクエというネットゲームが加わったわけですけど。

受験に際しては両親やふうこちゃんだけではなくいろんな人の協力もありました。親戚や先生(調査書に関しては未だに謎です)、お医者さん、近所の人、ドラクエTwitterの方々。こんなどうしょうもない私のために、手を差し伸べてくれた人たちには、何万回ありがとうと言っても言い切れません。

今、わたしはわりとちゃんと学校へ行っています。月に一度「もしもの日」をもらってUSJに行ったりするのだけど

 ※「もしもの日」はこちらをご参照ください

毎日部活にも出てるし、休みの日はクラスの子と買い物に行ったり、そして日に3時間はドラクエにいます。小学校に1日しか行かなかったことは、周りの誰もが知っていますし、私もそれを恥ずかしいと思ったりしません。(さすがに理由は話してないんですけどw)近所の人が、登校の時に「学校?頑張ってきて!」って言ってくれたら元気が出ます。そして電車に揺られながら思います。これは大陸間鉄道ではないけれど、きっと私をどこか別の世界へ連れてくれるんだって。

おしまい

p.s 気が向いたら近況を書くことはあるかもしれませんが、不登校だった私の話はこれでおしまいです。ここを見に来る方はそうそういないでしょうけど、読んでくださった方の一助となれれば嬉しいと思います。昔のことを書くのだから、過去の日付で書けば良かった気もするのですが、これは思い出で補正もあるしブラフもありますのでこのままで。それでは、また。