読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都へ

先生(小1の時から診てもらってる)に相談です。病院へは2週間に一度、連れて行かれていて、両親とふうこちゃん以外に話せる人は、この先生と先生の奥さんくらいだったと思います。ちなみに私の病名らしきものは「社会恐怖」と付けられていて、寝る前に飲むお薬だけもらってましたが、言わせると「君は別に病気じゃないからね」ということでした。

とりあえず外出を慣らしたらどうだろう、ということで「外出先でしんどくなったら飲みなさい」というお薬をもらいました。

車で近くの図書館に行ってみたり、IKEAに行ったり、ショッピングモールに行ったりしました。たぶん試着して服を買ったのも初めてでした。そして初めて美容室に行きました。お父さんかお母さんが休みの日には、一緒にどこかへ出かける、という感じでした。

ある時、お父さんが「平日に京都行ってみようか」と言い出しました。ふうこちゃんに案内してもらう、というプランです。平日なのでお母さんはどうにも都合つかなくて、そして心配そうでした。京都、長距離の記録です。(実際は小さい時に鹿児島に行ったことがあるらしいけど記憶にない)

小学校に上がってから初めての電車。もちろんどういうものかはわかっているのですが、その中に自分が乗っているというのが奇妙な感覚で実感がわきませんでした。お父さんにもたれて、ひたすら岡崎律子さんの歌をドラクエフォンで聴いていました。アストルティアではオルフェアで隣の家に住んでるのに、京都って遠いんだなって。


岡崎律子 - I'm always close to you

京都駅に着くと、ふうこちゃんが改札のとこで待ってて「ランちゃん、水族館行こ」って言いました。これまた人生で初めての水族館です。ふうこちゃんは大の水族館好きらしく(正しくはイルカとかクジラが好き、あとペンギンさんが好き)超ハイテンションでいらん解説までしてくれます。うちのお父さんも「グランブルー」っていう映画だとか好きで、昔はスキューバーダイビングとかやってたこともあって、家ではしょっちゅう海洋生物番組も観ていたんですけど、水族館は海の中にいるような感じでした。

それから、清水寺に行って、八坂神社に行って、そしてキルフェボンでケーキを食べておしゃべりしました。といってもドラクエの話なんですけど。晩は鴨川が見えるところで湯豆腐を食べました。川面の灯りが綺麗でした。

やっぱり、なんですがふうこちゃんはやっぱりビールを飲んでましたね(´ . .̫ . `)

別れ際「次はハリー・ポッターだね」と言って「じゃ、後ほど」ってお父さんに言ってましたw私は疲れて家に帰ったらばたんきゅーでしたが……

※なんか今日中に書き切るつもりだったのですが、思い出し確認しながら書くと案外時間がかかってしまいました。読みに来る人がいるとも思えないけど、続きは金曜日にでも……