読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うぃざーでぃんぐわーるどに行きたい

私も小学6年生になりました。相変わらずです。この頃、初めて家にふうこちゃんが遊びに来ました。と言ってもお父さんとストリートファイター2やるためなんですけど。なんか日本橋にあるアイドルマスターのバー?で二人で飲んでて、流れで家に泊めることになったということでした。

実際に会ったふうこちゃんはなんかちゃんとした格好?をしていて礼儀正しい感じの話し方で意外でした。ハングアウトで話してる時ともちょっと違う。「いつもありがとう、ケーキ買ってきたから一緒に食べよう」というのでいただきました。そういえば彼はちょいデブにふさわしいくらいスイーツ好きでもあるのでした(´・ω・`)

私はと言うと、ハングアウトでさんざん晒しておいてなんですが、ユニクロのTシャツとロンパンみたいなのだし、髪の毛もぼっさぼさでしょんぼりです。

たいへんに酒臭かったですが、多少効率の良い勉強法教えてもらったりとか、家の中案内したりとか、楽しかったです。そして、実のところ私の小学校生活で、先生や役所の人、工事の人以外の初めての来客でもあったのです。誰か来るという時には自分の部屋に閉じこもってましたし、ピンポンが鳴ってもモニターだけ見て絶対に出ませんでした。

次の朝、ふうこちゃんは「今から帰ってINする」と言って帰って行きました。そして2時間後くらいにはちゃんと職人してるのだからどうかしてます。

そして転機が訪れます。

ある夏の日、いつものようにふうこちゃんとハングアウトして、その時は彼が裁縫したのにランプ錬金かなんか付けてたのかな?テレビではとくダネ!が流れてました。たしかそうだったと思います。ふうこちゃんは「彼のちょっと狂ってるところが良い」と小倉智昭が好きらしいのです。私も観るようになってたのですが、そこで目に飛び込んできたのがホグズミード村です。USJの。

ちょっと書いたのだけど、私はハリー・ポッターがとにかく好きで、USJに出来るというのも知ってましたが、映像で観るまでここまですごいものだとは思ってなかったのです。それどころか、およそ遊園地とかテーマパークと言われる場所に行ったこともありませんし、想像もついてなかったのです。単に人が多いところなんだな、くらいのイメージ。でも、ハリー・ポッターの世界が映ってるんです。

「行きたい」

ってつぶやいて、泣いてました。号泣です。

ふうこちゃんは述懐します。「あの時のランカちゃん(ふうこちゃんは私のことを今もこう呼びます)生ぎたいっ!!!!って泣いてるニコ・ロビンみたいで吹き出しそうになってた」って(おこ

ただ、ちょっとこれはうちの両親に相談してみないといかんな、と思って直後にLINEをしてたらしい。

その日はなんだかずーっと、ぼーっとしていて、ドラクエやりながらも上の空でハリー・ポッターBlu-ray眺めたりしていました。

晩、というか夕方にお父さんが帰って来て「USJ行きたいって、ほんまに?」と玄関で切り出しました。

たぶん「はい」って返事したんだと思います。

後から帰ってきたお母さんが「ちょっと今度先生(お医者さんのほう)にも相談してみよ?」と、どうしたら良いのかわからなかったと今は言います。

とにもかくにも私はウィザーディングワールドオブハリーポッターに行きたい、ということになったわけですが、「本当に外に出られるのか」「でもやっぱり行きたい」とぐるぐる頭の中が回っていて自分でも良くわかりませんでした。

ふうこちゃんの話(ドラクエ編)

ドラクエでのふうこちゃんは、まさに廃人と言って良かったと思います。私が朝に両親を見送ってINするとだいたい職人してるか、「昨日は飲みすぎた」と言っても10時くらいにはアストルティアにいます。そして「ぷしゅっ」とかチャットしてビールを飲みだすのです・ω・

ふうこちゃんにはとにかくたくさんのフレさんがいまして、一緒にPTを組むこともあったり、フレになったりもしまして、他の人たちとのチャットも苦痛ではなくなったどころか、INしたら挨拶するようにもなって、オフライン表示することもなくなりました。ただ、ふうこちゃんのフレンドらしくほとんどの人が廃人と言っても良いレベルでした。カンストは当たり前だし、やることないから職人したりドレスアップしたり、ずーっと迷宮したり、という感じです。コロシアム、カジノもこの頃だったかな?

※ふうこちゃんはこの頃「このままだとまじで人生終わる」と思いながらビールを飲んでいたらしいです(藁

私のコミュニケーションも変わってきました。まずはぐぐたすのハングアウトです。ふうこちゃんとは音声でも話せるようになりました。なんかお家の中とか見せてもらって、本当に魔窟でした。やっぱり話せるとボス戦とかでは本当に便利です。

そして初スマホです。ドラクエフォン!

docomo SH-01F DRAGON QUEST ドラクエスマホ 白ロム

docomo SH-01F DRAGON QUEST ドラクエスマホ 白ロム

 

 引きこもりのくせにスマホかよ(´・ω・`)でも遅ればせながらの誕生日プレゼントということで買ってもらいました。両親もLINEやってくれてたら便利なのになあと思ってたらしいです。そしてふうこちゃんとお揃い!←これが重要

あとはTwitterです。もっぱらドラクエ情報のためでしたが、これ経由でフレさんも出来たりとか、のちのち放浪キャラ探しに役立ったりもします。

ふうこちゃんのパターンとしては、午前中は職人とかこなせそうなチムクエ→お昼ごはんにパスタかカレー作るので離席→午後は私が勉強とか家事やってるので他のフレさんのヘルプしたり迷宮したり→夜、うちの両親が帰ってきたら私も復帰して一緒に高めのチムクエしたり、ストーリーしたりボスしたり(※飲みに行くので居ないことが週に2回程度)→私が就寝後もお父さんと遊んでる→寝落ちという感じ。あとアイマスとか声優さんのライブがあると「しばらくいないから」と言っておきながら「ライブまじで神だった」とか東京からINしてくるようなこともありましたw

彼はほぼアストルティアに住んでいるのですが、私も日に6時間くらいは一緒にいたことになります。最初はとんでもないクズだし、変なおっさんだなあくらいに思っていたのですが、慣れるもんですね。そしてそういう生活が1年ちょっと続きます。

ふうこちゃんの話(少女漫画のこと)

ふうこちゃんはとにかくマンガ好きです。平日の朝はだいたい「あ、今日スピリッツの発売日やから本屋さん行ってくる」とかそういうことを言って離席します。「ちゃお」を毎月欠かさず30年以上買ってる人なんてそうそういないと思います。

うちには少女漫画はあんまりなくて、たぶん「のだめカンタービレ」くらいしか置いてなかったんじゃないかな?で、ある時「これは読んどけってのあったら教えて」って言ってみたら、またまたダンボールが届きました。「だぶってるのたくさんあるから選んで送る、ただちょっと暗いかもしれん」ということでした。ちょっと古いところだと、大島弓子吉野朔実(昨年亡くなりましたが)、萩岩睦美岡野史佳成田美名子三原順川原由美子吉住渉柊あおい谷川史子川原泉日渡早紀竹本泉なかじ有紀いくえみ綾くらもちふさこ池田理代子。最近のだと小玉ユキ、小椋アカネ、高尾滋やまもり三香咲坂伊緒アサダニッキ椎名橙岩本ナオ、とか。(本棚に並んでるのを羅列しました)

なかでも大島弓子さんの「毎日が夏休み」は不登校の私にちょっとだぶらせて読んだりして心を打たれました。

毎日が夏休み (あすかコミックス)

毎日が夏休み (あすかコミックス)

 

 ふうこちゃんは、私にとってなんかこれに出てくるお父さん、みたいなところもあります。これは映画にもなっていて、これまた彼がくれたのですが

毎日が夏休み デラックス版 [DVD]

毎日が夏休み デラックス版 [DVD]

 

 何十回か観ました。「学校行かない人生もあるのかも」とかなり気持ちが楽になった気がします。けど、学校へ行くことになるのですが……

このふうこちゃんのくれたマンガやおすすめアニメに浸っていたのがたぶん小5の夏から小6の夏くらいです。まあ、今もしょっちゅうおすすめを尋ねてるわけですけど。

ふうこちゃんの話(お勉強のこと)

ふうこちゃんはいわゆる中学受験というのをしたということでした。行った中学を聞くと、たしかに私でも知ってるくらいの有名校でした。

それで燃え尽きてしまったらしく、その後はまったく勉強しなかったらしいです。ただ、小学校の時に高校くらいまでの数学やらされてたし、英語は英語で本読みたかったから自然に身についたし、あとはいろんな本読んでたからなんとかなったかなあと言ってました。不思議です、それで大学、しかも一流大に行っているところが!

しかしふうこちゃんに言わせると

「もの作ったりしてるランカちゃんのお父さんみたいなのが一番良いんだよ」

ということです。これは私にはまだわかりません。お父さんは確かにすごいですが、ふうこちゃんみたいな能力をどっかで役立てられないのか、と不思議でしょうがないです。(゜-゜)

ちょうどその頃、お母さんは仕事が超絶忙しく、私の勉強どころではなくてもっぱら進研ゼミを頼りにするようになってました。勉強が嫌いというわけでもないのですが、どうにかしたいし、楽しく出来る方法が知りたかったのかもしれません。それで、聞いてみました。そしたら

「良い本があるから送るよ。ちょっと難しいかもだけど、あとえっちいのもあるからお父さんとお母さんに聞いてから読んで」

と、次の日にダンボールいっぱいの本が届きました。

ハッピーになれる算数 (よりみちパン!セ)

ハッピーになれる算数 (よりみちパン!セ)

 

 このシリーズ全部で、50冊以上あります。書いてる人たちがとにかくわかりやすいように面白く書いてて、なんか勉強を何のためにするのか、とか世の中の仕組み的なこととか、他の子たちはどんなことを考えてるのかな?というようなことがどんどんわかる、そういう感じ。ちなみにうちのお父さんは西原理恵子さんのやつだけ読んでました。

ふうこちゃんは息子さんが中学に入ったら読ませるつもりでこの本を揃えてたらしいのですが、とうてい顔を合わせられそうにないからランカちゃんに上げる、とのことでした。しかし中学2年生の現時点でも、相当役に立っています。

あと、ふうこちゃんが観ているテレビに合わせてアニメ以外のニュースだとか、ワイドショーを観るようになったのもこの頃です。なんせテレビが4台並んでるので^^;

そしてぼんやりだし、まだまだなのですけど、いろいろと勉強したことが、それぞれつながって行くようになったのです。苦手なものも、もちろんありますが、どの教科も大事なんだなあということもわかってきました。

 

ふうこちゃんの話(おおまかに)

これが、このブログでネットの片隅にでも置いておこうと思ったメインの部分なのですが、ドラクエのふうこちゃんの話です。

彼(ふうこちゃんはおっさんなので)とチムクエなんかをやるようになって、私もちょっとはチャットするようになり、googleでハングアウトしたり、ついには一緒に出かけたりするようにもなるのですが、それはちょっと後の話なので置いておいて、だんだん人となりが分かるようになって来ました。当初はおぼろげでしたが。

知った時系列が不確かなのですが、箇条書きで。

・小学生のころから少女漫画が趣味

・少女漫画に限らずマンガ・アニメ・小説・ゲームなどに詳しい

・寮のある高校に行っていたが、退学になって高校を変わっている。

・5人兄弟だが、それぞれ父親が違う

ドラクエはお兄さんとお姉さんもやっていて、時々一緒に遊ぶ

・勉強は好きだったのですごい良い大学を出ている

・多趣味。自転車とか釣りとかおよそ似合わないことまでやってる

・短歌を毎日一つ詠んで、投稿したりしてる

・昔古着屋さんを経営していた

バツイチ、子供がいるらしい

・ビールの長い缶を一日に2ダースくらい飲む

ロリコン、というか少女になりたい

明らかに変わった人というか、危険物です。

しかしその日から、ふうこちゃんから怒涛のように情報が押し寄せてくることになります。政治とか歴史とか科学とか、とにかくいろんなことを知らないと気がすまない性格みたいで、しかもそれをすごくわかりやすく教えてくれるのでした。まあ私も電子辞書を引き引き、ググったり、なんか勧められた本をAmazonさんしたりしました。外には出られないけど、ふうこちゃんを通して世界のかたち、みたいなのが見えてくるような感じさえしました。

ああ!チームに!チームに!

私のキャラは、ランカ(仮キャラ名)というのですが、ずっと家族だけのチームでやって来てて(と言っても10キャラ以上いるわけだけど)一人でストーリー進める時もサポだけでやってたし、8人PTの時なんかもお父さんの2アカ目のふりなんかをして遊んでたわけです。それがある日、家族会議みたいな感じになってお父さんが

「ふうこちゃんがうちのチームに入りたいって言ってる」と。

ふうこちゃんは結構な大所帯のチームリーダーをやっていたそうなのですが、内部の揉め事などが嫌になり、辞めてしまったということなのです。お父さんお母さんはいっつも一緒にプレイしてるし、実際に会ったこともあるから別に構わない、ということなのだけど、夕維はどうかな?という話でした。

ちょっと悩みましたが、私の事情もわかってくれてるし、話しなくてもおkということだったので入ってもらうことにしました。

その日はふうこちゃんはアイマスのライブとかで名古屋だかに行ってるというので、明日加入するということになりました。家族以外の人がチームにいるのってどんなんだろうなあ、などと思いながら録画したFree!を観て、寝ました ( ˘ω˘ )

 ※いちいち商品貼り付けてますが別にアフィリエイトとかやってません

次の晩、お父さんがふうこちゃんをチームに誘って、やって来ました!なんか私は肩で息してたらしいですwまあそれくらい緊張していました。

なんというか想像してた引きこもりのコミュ障というのと違って、とにかくずーっとチャットでしゃべりまくってて、お父さんに言わせると「リアルで会ってもこんなんだよ」と。私ときたら「はい」「うん」「へー」みたいな感じ(。・_・。)

これ、チムクエとか一緒にやるのかあ……不安だなあ……ってなってました。

そして朝から晩まで、勉強や家事をしている以外の時間はずっとふうこちゃんといることになったわけです。

 

引きこもりの小学生(小5、ふうこちゃんとの出会い)

※遠慮なくドラクエ10やオンラインゲーム用語を入れますが、ご容赦ください

4月になり、私は肩書上小学5年生になり、家を訪れてくる担任の先生が代わりました。そして我が家にはWii Uが4台配備されました。最初は1台だったのですが、並べて遊んでいると明らかに画質が違うので、そういうことになったみたいです(`・ω・´)

 その後PC版の発売が発表され、お父さんが激怒するわけですがそれはまた別のお話。

で、WiiUになってからも私は両親不在の間4キャラを操って鍛冶したり、キラキラ拾ったり、サブクエつぶしたり、チムクエこなしたりして過ごしていました。

ところがある日、表示オフラインにするのをうっかり忘れて、たしか錬金してたんだと思うのですが「エルさん(お父さんのメインキャラ)今日休み?遊ぼー」とピンクのチャットが飛んできました。パニくりましたが「すみません、娘です」と返して「あ、そっかー、うわさの引きこもりの!大丈夫、俺も引きこもりやから!www」みたいな返しで、じゃあご両親によろしくと言って会話を終えました。というよりそんなことを話してるお父さんに怒ってました。

その晩、お父さんを責めたところ「ええやん別に、ふうこちゃん最近良く一緒に飲みに行ってるけどええやつやで?」というのでびっくりしました。小5でしたので、ネットゲームで会った人と飲みに行くというのがわけわかりません。で、ちょっと箇条書きにしますが以下のことがわかりました。

・ふうこちゃんは本当にほぼニートの38歳のおっさん

・寝ているか、アイカツか飲みに外出してる以外はほぼアストルティアにいる。

・古本や古着、フィギュア、チケットなどを転売して生活している

アイカツおじさん、アイマスが大好き

・サービス初日にお父さんのキャラ名を見て話しかけてきた

・かなりのオタクでお父さんと趣味がかなり合う

・朝からビール飲んでる、ドラクエやってる時はずっと飲んでる。

・関西在住

・頭はかなり良さそう、英語とフランス語が話せる

下の2行以外は、すごいクズっぷり、そしてビールクズ(´・ω・`)

そして夜中はほぼお父さんお母さんとPT組んでプレイしているということもわかりました。ドラクエの写真を見せてもらいましたが、銀髪赤目のツインテールロリキャラ(人間)で、リアルの写真もついでに見せてもらいましたが、まあただの酔っ払いのオサーンという感じでした。「世の中にはいろんな人がいるんだなあと」